2019年12月28日 05時45分01秒

普段、親指シフト入力の私ですが、久しぶりにローマ字入力をして見ると、意外と忘れていないものでそこそこの速度でにゅうりょ記できるもんですね。
ただし、独学のキータッチのため、右手が左右に行ったり来たりするし、パタパタとキータッチ音がうるさかったりします。
ローマ字入力はキー数を多くタッチする必要があるので、結構速く売っているように見えても実はそれほど文字数が打ててなかったりもします。
親指入力は原則1文字1キー入力なので打鍵音の割に文字入力数が多かったりします。当然、打鍵音も少なくなり周りに優しかったりします。と、言うことでもう少ししたらまた親指シフトに戻そうと思います。
たまに気分転換で入力方式を変えるのも楽しいですね。